【阪神】近本光司、3の3で5連敗阻止 “福留塾”で得たヒント…矢野監督「3本出たというのは流れ的にもすごくいい」

7回無死、近本がこの試合3本目の安打を左前に放つ(カメラ・豊田 秀一)
7回無死、近本がこの試合3本目の安打を左前に放つ(カメラ・豊田 秀一)

◆JERAセ・リ-グ 広島3―9阪神(4日・マツダスタジアム)

 今までの迷いは消えていた。3点リードの4回2死二、三塁。近本は大瀬良の150キロ直球を振り抜いた。右翼線への2点適時打。今季得点圏では12打席目で初安打となり、「あそこで1点取れるかどうかで大きく流れも変わってくる」と胸をなで下ろした。

  • 今季の阪神の打撃成績
  • 今季の阪神の打撃成績

 初回先頭。9球目を二塁内野安打として先制点を演出すると、2回は中犠飛、7回にも左前打を放ち、今季初の猛打賞に3打点。セ最多タイの4盗塁目も決めた。昨季リーグ新人記録を61年ぶりに更新する159安打を放った男が、今季は前日まで打率1割4分9厘と低迷。2日の中日戦(ナゴヤD)では凡退して珍しくバットをたたきつけるなど精神的にも追い込まれていたが、復調の兆しを見せた。

 ヒントは“福留塾”で得た。3日の広島戦が雨天中止となり、マツダ室内で調整していると、福留に声をかけられた。右手を前に突き出し、左手で弓矢を引くような動作を繰り返す。近本の打撃を支える左腕の使い方などを修正したことで、タイミングの取り方にゆとりが生まれ、トップの位置も定まった。「技術はそんなに(すぐには)変わらないと思うんですけど、気持ちで(体の)動き方も変わりますし、昨日の練習が良かったと思います」。昨季も不振の時に助言をくれた大先輩に感謝した。

 チームはいずれも今季最多の15安打9得点。球団最悪タイの開幕4カード連続負け越しと苦しむ中、連敗を4で止めた。12試合で平均2得点だった打線がようやくつながり、矢野監督も「チカ(近本)に3本出たというのは流れ的にもすごくいい。これで吹っ切れてくれたら」と喜んだ。背番号5の浮上とともに、虎の反攻が始まる。(中村 晃大)

試合詳細
7回無死、近本がこの試合3本目の安打を左前に放つ(カメラ・豊田 秀一)
今季の阪神の打撃成績
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請