【DeNA】毎回15安打8得点で敗戦 ラミレス監督は「こういうこともあるのが野球」とラミレス監督

5回には「エスコバー対決」が実現。無死でDeNAのエドウィン・エスコバー(奥)と対決し、右飛に倒れたヤクルトのアルシデス・エスコバー
5回には「エスコバー対決」が実現。無死でDeNAのエドウィン・エスコバー(奥)と対決し、右飛に倒れたヤクルトのアルシデス・エスコバー

◆JERAセ・リーグ ヤクルト10―8DeNA(4日・神宮)

 DeNAが毎回15安打で8得点をあげながら、今季2度目の2ケタ10失点で連勝を逃した。DeNAが毎回安打で黒星を喫したのは、2013年8月1日の広島戦(マツダ=13安打で6―7)以来となる。

《ラミレス監督に聞く》

―もったいない黒星になった。

「こういうこともあるのが野球。ベストを尽くしての結果だ。攻撃はよかったが、守備でなかなかうまくいかなかったり、ミスも出たことがこういう結果につながった」

―オースティンが先発を外れた。

「試合前に左太ももに張りがあると言ってきたので、念のためラインナップから外した。明日にはよくなってると思う」

―先発の中川には次回もチャンスを?

「抹消する予定。ポテンシャルは素晴らしい。ストレートもいいし、1つ1つの球種はいいものを持っているが、精度、制球がまだ足りない」

―伊藤光に4回で代打を送った理由は?

「3回の青木の打席でけん制のサインを見落とした。そういうことがあったので代えた」

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請