【ヤクルト】6安打で効果的に今季最多10得点 高津監督「役割を理解して攻撃」

3回2死一塁、青木宣親が中越えに2ラン本塁打
3回2死一塁、青木宣親が中越えに2ラン本塁打

◆JERAセ・リーグ ヤクルト10―8DeNA(4日・神宮)

 ヤクルトは6安打で効果的に今季初の2ケタ得点となる10得点を奪った。最後は2点差に追い上げられたが、何とか逃げ切った。

 1点を追う2回に西浦がリーグトップタイとなる逆転の5号2ラン。同点にされた直後の3回には青木が2号2ランを放ち、勝ち越した。同点の6回には山崎の犠飛と暴投の間に2点を勝ち越し。これが決勝点となった。小川は6回4失点で2勝目を挙げた。

 再び貯金を1とした高津監督は「効果的なホームランもあったんですけど、走塁であったりバントであったり、きっちりサイン通りに行うことができて、それぞれの役割、仕事、自分が何をしなきゃいけないかを理解してくれて攻撃ができたのかなと思います。相手のミスとかフォアボールとかもあったけど、それだけじゃない。しっかりつなぐところはつないで、送るところは送って、走るところは走ってっていう野球ができたのかなと思います」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請