上村侑、衝撃の初主演映画に父がパニック「口をきいてくれなかった」

スポーツ報知
フェースシールドを着けて舞台あいさつした上村侑

 俳優の上村侑(17)が4日、都内で初主演映画「許された子どもたち」(内藤瑛亮監督)の大ヒットあいさつを行った。

 実際の事件がモチーフで、いじめ殺人を犯したものの少年審判によって「不処分」を下された少年を主人公にした社会派作品。当初は2館のみの公開だったが、衝撃のテーマが話題となり、コロナ禍にもかかわらず32館まで上映が拡大している。オーディションで抜てきされ、人生初の舞台あいさつとなった上村は「家族そろって見に行きましたが、帰りの電車や家への帰り道で父親が全く口をきいてくれず…。脳の整理が追いつかなかったそうです」と苦笑いしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請