【オリックス】先発の田嶋大樹が7回3失点で今季初勝利「最低限ゲームをつくることができた」

力投する田嶋大樹 
力投する田嶋大樹 

◆西武3―4オリックス(4日・メットライフドーム)

 オリックスの田嶋大樹投手(23)が、粘投で逆転を呼び込んだ。4回に3安打と1四球で3点を失ったが、その後も粘り強く投げ抜いて追加点を許さず7回5安打3失点。すると8回に吉田正の2ランなどで4得点して、試合をひっくり返した。

 勝利投手の権利を持って降板した左腕は「全体的には調子自体も悪くなかったですし、四球も少なく、テンポよく投げることができました。4回の失点した場面は反省しなければいけませんが、7回まで最低限ゲームをつくることができたところは良かったと思います」とコメント。救援陣が踏ん張り、3試合目で今季初勝利をマークした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請