阿武咲が24歳の誕生日「いつまでも若くない。危機感を持たないと」

24歳の誕生日を迎えた阿武咲
24歳の誕生日を迎えた阿武咲

 大相撲の幕内・阿武咲(阿武松)が4日、24歳の誕生日を迎えた。この日の稽古後、電話での代表取材に応じ「早いなという感じがする。16、17で(角界に)入って、これからの相撲人生は長いなと思っていたが、一瞬で24になっていつまでも若くないと思った。23と24では(年齢の)重みが違う。危機感を持たないと」と、心境を明かした。

 阿武松部屋の力士らから誕生日ケーキをもらうなど、お祝いされたという。「12時になってから、ラインでたくさんの方からメッセージをいただいた」。例年であれば、7月場所のため名古屋で誕生日を迎える。今年の7月場所(同19日初日・両国国技館)は、新型コロナの影響で東京での開催を目指すが「変な感じではあるが、逆に言えばしっかり体を休められる」と、前向きに捉えている。

 無観客で行われた春場所では、10日目に横綱・白鵬(宮城野)を下す金星。9勝を挙げ、自身初の殊勲賞も獲得した。「あの一番で吹っ切れた部分があった。けがしてから正直(気持ちが)落ちていた部分があったが、やっと形になった。気持ちの部分でも一番大きかった」と、手応えを口にする。18年初場所で負った右膝のけがから苦しい時期が続いたが、「(今年の)1月場所後の豪風関の断髪式で、荒磯親方にアドバイスを頂きたいと思って聞きにいったりした」。積極的な姿勢が、結果に結びついてきている。

 7月場所では前頭2枚目まで番付を上げ、17年九州場所以来の返り三役も見える。それでも「細かいことは考えず、自分と向き合ってやるべきことをやれればいい」と、目の前の場所に集中する。7月場所への意気込みを問われ「いつまでも自分はチャレンジャー。やることは変わらない。一番一番真剣に勝ちに行く。自分の相撲を取ってひたむきにやっていきたい」と、力強く話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請