【HAKONE LIFE】駒大OBの大越正禅さん、順大進学断念…大会前に虫垂炎…「こういうこともあるでしょう」

箱根駅伝5区で活躍した駒大OBの大越正禅さん
箱根駅伝5区で活躍した駒大OBの大越正禅さん

 “通”であれば「大越正禅」の名を聞いてピンとくるだろう。早大時代に箱根駅伝に出場した作家の黒木亮さん(本名・金山雅之さん)が描いた自叙伝的小説「冬の喝采」に実名で登場する。黒木さんは「高校1年の時、2回くらい一緒に5000メートルを走りましたが、すでに全国レベルだった大越さんは半周以上先で、いつもトラックの反対側を走っているという感じでした」と懐かしそうに話す。

 北海道・浦幌高3年時、5000メートルで全国高校総体9位になった大越さんを順大の沢木啓祐コーチ(現名誉総監督)が高く評価し、秋に浦幌町まで勧誘に訪れた。実家は曹洞宗の東禅寺。「私は順大で沢木さんに教えてもらいたかった。父は駒大の仏教学部以外は認めないとかたくなだったが、2晩泊まって説得を続けた沢木さんの熱意に負け、順大進学を認めました」と大越さんは明かす。しかし、年が明けた後、状況は一変。「曹洞宗のお偉い方が父に駒大に進学するように、と。結局、一般受験して駒大仏教学部に進学しました。沢木さんに申し訳ないことをしました」と静かに話した。

 駒大では周囲の期待通りに活躍した。4年連続で箱根駅伝に出場し、2~4年は5区を担った。2年時は区間2位、3年時は区間3位。「最後、4年目は絶対に区間賞を取るつもりだった」が、大会3日前に虫垂炎を発症。投薬で応急処置して強行出場したが、区間14位に沈み、チームも12位でシード権を逃した。「悔しい思い出ですが、こういうこともあるでしょう」と穏やかな表情で41年前の悪夢を振り返った。

 卒業後、23歳で父の後を継ぎ、東禅寺の住職に。37年間、務めて退任し、2017年に川崎市に移り住んだ。18年に日本学生対校選手権が行われた川崎市の等々力陸上競技場で運命の再会があった。「久々に沢木さんにお会いしました。覚えてくれていてうれしかった。改めて、おわびしました」。そう話す大越さんの表情は、やはり穏やかだった。(竹内 達朗)

 ◆大越 正禅(おおこし・しょうぜん)1957年1月5日、北海道・浦幌町生まれ。63歳。浦幌中入学と同時に陸上競技を始める。浦幌高2年時に全国高校総体5000メートル14位、3年時は同9位。75年、駒大仏教学部入学。箱根駅伝は1年3区10位、2年5区2位、3年5区3位、4年5区14位。卒業後、横浜市の総持寺で修行した後、実家の東禅寺の住職。2017年に退任。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請