【ソフトバンク】バレンティン、ノリノリV5号「非常に気持ちよかった」…2戦で3発に王会長「これで勢いつく」

6回1死一塁、左中間へ勝ち越し2ランを放つバレンティン
6回1死一塁、左中間へ勝ち越し2ランを放つバレンティン

◆パ・リ-グ 日本ハム1―4ソフトバンク(3日・札幌ドーム)

 打球の到達点を確信し、バレンティンは悠然と歩き出した。「非常に気持ちよかった。逆転はその倍、気持ちがいいですね」。同点に追いついた直後6回1死一塁、左中間席への決勝5号2ラン。打った瞬間に判別できる特大弾だった。36歳の誕生日だった2日の2発に続き、2戦で3発。8回には左翼上の天井に直撃する二塁打も放ち、尊敬する大先輩の前で4番の責務を全うした。

 前日は守護神の森で逆転サヨナラ負け。この日は王会長が札幌Dまで駆けつけ、「まだまだここからだ。今までは他のチームに、こういう思いをさせてきたんだから」とナインを鼓舞した。就任後ワーストとなる借金4の危機を免れた指揮官も「心配をおかけしていた。うれしいし、ありがたいです」と頭を下げた。試合後の王会長も「よかった、よかった。これでチームも勢いがつくだろうね」と笑顔だ。

 開幕13試合目で正捕手の甲斐を初めてスタメンから外し、苦しみながら開幕投手の東浜にも勝ち星がついた。借金2とはいえ、まだ開幕して13試合。3年連続日本一の常勝軍団なら、巻き返す時間はいくらでもある。(長田 亨)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請