【日本ハム】有原航平、またまた援護なし3連敗 打線は12残塁 3試合でわずか2点…

7回1死一、三塁、栗原の犠飛で追加点を許した先発の有原は渋い表情を見せた(カメラ・泉 貫太)
7回1死一、三塁、栗原の犠飛で追加点を許した先発の有原は渋い表情を見せた(カメラ・泉 貫太)

◆パ・リ-グ 日本ハム1―4ソフトバンク(3日・札幌ドーム)

 日本ハムはソフトバンクに1―4で逆転負けした。先発の有原航平投手(27)は5回まで無失点と好投したが、打線が追加点が奪えない中、6回に柳田に同点打、バレンティンに勝ち越し2ランを浴び、沈んだ。大黒柱の3度目の登板も初勝利はならず。有原は8回9安打4失点で3敗目を喫した。

 有原に試練が続く。今季最長の8回を投げて9安打4失点で敗戦投手。5回まで無失点と好投を続けた右腕だったが、12残塁に終わった打線の援護にも恵まれなかった。「我慢比べだと思うので、とにかく最少失点で、先に点を取られないように投げていくことが僕の仕事だと思う。今日はちょっとそれができなかったので、次回はできるようにしたい」。大黒柱は敗戦を自ら背負った。

 試合は確実に作った。立ち上がりは3者凡退。その裏初回2死から近藤の二塁打で好機を作ると、渡辺の8戦連続安打となる左越え適時二塁打で1点を先取した。開幕3戦目で初めてリードをもらった右腕は、2回から“安定飛行”に入った。三塁を踏ませず5回までテンポ良く進んだ。対照的に東浜は3~5回は毎回三塁に走者を置く苦しい投球。いつでも追加点が奪えそうな展開で、あと1本が出ないままだった。

 栗山監督は「チャンスがあれだけありながら、相手に点が入る流れを作ってしまった」と悔やんだ。1点しかない貯金は、右腕を徐々にむしばんだ。6回。柳田の同点打、バレンティンの勝ち越し2ランで一気に逆転を許した。7回には栗原の犠飛で4点目。打線は6回から継投に入った相手救援陣の前に、終盤は見せ場を作れなかった。

 背番号16は逆転を許した後、8回まで無四球で投げきった。武田投手コーチは「今日が一番有原らしい投球。勝ちにはつながりませんでしたが、中継ぎ陣を休ませるという仕事をしてくれた。今後この投球が必ず生きる」と断言。3試合で打線の援護はわずか2点も、栗山監督は「航平に申し訳ない。でも航平の中ではなんとかしてやろうと思ってたと思うよ」と“スミ1”を守り切ろうとした右腕の覚悟を代弁した。開幕から3連敗と苦境は続くが、次回登板に確かな期待を残した。(秦 雄太郎)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請