【川崎】過密日程乗り切る3つの強み…うまい、あつい、はやい

開幕戦でドリブルで相手を交わす川崎・田中碧(中央)
開幕戦でドリブルで相手を交わす川崎・田中碧(中央)

 川崎が3つの武器を生かし、過密日程のJ1を制す。再開初戦となる鹿島戦(等々力)を控えた3日、鬼木達監督(46)がオンラインで取材に応じ「楽しみ。自信を持って送り出せる」と意気込んだ。今季は新型コロナウイルスの中断による影響で過密日程となるが、川崎には3つの強みがある。

 〈1〉うまい(巧い) 長年培ってきたパスサッカーは疲れのたまる連戦でこそ生きる。“省エネ効果”で夏場を乗り切る。

 〈2〉あつい(厚い) FW小林の負傷は誤算だが、ベンチにも前線から守備まで代表級がずらり。鬼木監督も「選手層の厚みは自分たちの強み」と5人交代を生かすつもりだ。

  • 川崎・鹿島の予想スタメン

    川崎・鹿島の予想スタメン

 〈3〉はやい(速い) 今季から4―3―3の新システムに移行。MF守田が「前にウィングがいるのですぐにボールをつけて素早く攻撃できる」とメリットを解説するように攻撃パターンが増えた。3つの武器を手に王座を奪還する。(井上 信太郎)

開幕戦でドリブルで相手を交わす川崎・田中碧(中央)
川崎・鹿島の予想スタメン
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請