高橋ヒロムが“金曜夜8時生中継”切符、34年をつなぐIWGPジュニア王座…金曜8時のプロレスコラム

NJC4強入りを決めIWGPジュニアのベルトを誇示する高橋ヒロム(新日本プロレス提供)
NJC4強入りを決めIWGPジュニアのベルトを誇示する高橋ヒロム(新日本プロレス提供)

 無観客・会場非公表で開催されている新日本プロレスの「NEW JAPAN CUP(NJC)2020」(32選手参加)が佳境を迎えている。3日放送のBS朝日「ワールドプロレスリング・リターンズ」(毎週金曜午後8時)で、NJC準決勝2試合が生中継される。その「金曜夜8時」切符をかけた準々決勝が2日に行われた。

 勝ち残った4強は、オカダ・カズチカ(32)、IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム(30)、SANADA(32)、EVIL(33)の4人。オカダVSヒロムの階級を超えた対決、SANADA対EVILの「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」同門対決が、BSながら金曜夜8時に生中継される。

 地上波のテレビ朝日「ワールドプロレスリング」が金曜夜8時のレギュラー枠で生中継されたのは1986年9月19日が最後だった。34年前ということは、今回勝ち残った4強は誰も生まれていない時代だ。

 34年前の報知新聞テレビ欄をひもといてみると…。

 【プロレスリング「猪木×ドゥガン」「藤波×ブロディ」▽IWGPJ選手権「高田×越中」~福岡】

 福岡スポーツセンターで行われた三大シングルマッチの生中継で、アントニオ猪木がハクソー・ジム・ドゥガンを倒し、藤波辰巳(現辰爾)がブルーザー・ブロディと唯一のシングル戦、そして王者・高田延彦に越中詩郎が挑戦したIWGPジュニアヘビー級選手権。

 時代が変わっても残っていたのがIWGPジュニアヘビー級王座だった。当時のIWGPヘビー級王座は年1回のリーグ戦の覇者に与えられるもので、タイトル化したのは87年になってからのことだから、ジュニア王座の歴史的価値が浮き彫りになった形だ。34年前のジュニア王座戦は、高田が越中に敗れ失冠するが、勝敗はともあれ、王者としてゴールデンタイムに登場することがステータスだろう。

 NJC準々決勝で石井智宏(44)を19分29秒、TIME BOMB2からの片エビ固めで倒し、ジュニアのベルトとともに勝ち名乗りを受けたヒロムはこうコメントした。

 「この俺は、このトーナメントのダークホースか? 今日の勝利は番狂わせか? 笑わせんな。順当だ、バカ野郎。俺はIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだぞ。負けるわけにいかねえんだよ。誰にも負けるわけにはいかねえんだ。優勝して当たり前だ。俺は今日、自信を持って、誇りを持って、自慢気に、高らかに言うぞ。このあと、石森が来ようが、オカダが来ようが、俺には関係ない。潰して、優勝してやる。ただそれだけだ。優勝して当たり前だ。ゴールデンタイム生中継、楽しみにしてるから」

 「ワールドプロレスリング」はテレビ朝日の前身、NET(日本教育テレビ)が、1969年7月2日に水曜夜9時の番組としてスタート。72年に金曜夜8時に移行したが、86年10月から月曜夜8時に。さらに87年4月から火曜夜8時の「ギブUPまで待てない! ワールドプロレスリング」となって迷走し、10月5日から番組名を戻し再び月曜夜8時に。1988年3月21日を最後にゴールデンタイムから撤退し、同年4月16日から土曜午後4時枠に。現在は土曜深夜の30分番組だ(いずれも関東地区)。

 厳密に言うと、2000年4月7日金曜日の午後7時54分から2時間特番で「ワールドプロレスSP橋本真也34歳小川直也に負けたら即引退スペシャル」というのが生放送された歴史があるが、この話を持ち出すと長くなるので、またあらためて…。とにかく今夜は金曜夜8時を楽しもう。(酒井 隆之)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請