【日本ハム】野村佑希がプロ1号&サヨナラ打の大暴れ「チームの勝利に貢献できている」

9回2死二、三塁、中越えに逆転サヨナラ2点二塁打を放った野村(中央)はナインに祝福される
9回2死二、三塁、中越えに逆転サヨナラ2点二塁打を放った野村(中央)はナインに祝福される

◆パ・リーグ 日本ハム9―8ソフトバンク(2日・札幌ドーム)

 日本ハムの野村佑希内野手(20)が、プロ初アーチと自身初サヨナラ打の大当たりで、チームの今季初サヨナラ勝利に貢献した。

 ソフトバンク戦に「7番・三塁」で先発出場。2回1死では内角低めの148キロを捉えて左翼席中段へプロ1号を運んだ。2回の守備では自身の失策が失点につながっただけに、「バットで返すしかないという気持ち。食らいついていこうという思いが、一番いい結果につながってくれた」と振り返った。

 最大の仕事は1点を追う9回2死二、三塁。1ストライクから相手の守護神・森が投じた直球を捉えると、打球は中堅フェンスを直撃するサヨナラ打。右拳を振り上げて、喚起の輪に飛び込んだ。自身初のお立ち台では「チームの勝利に貢献できている。サヨナラも初めてなのでとてもうれしい気持ちです」と笑顔。初ホームランの記念球は両親に贈ることを約束し、「いい投手から打てたので、次も自信にして思い切ってやっていきたい」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請