伊藤沙莉「マイペースで頑張っていきたい」デビュー17年でギャラクシー賞テレビ部門・個人賞を初受賞

スポーツ報知

 「第57回ギャラクシー賞」が2日、YouTubeを通じて発表され、テレビ部門の個人賞に女優の伊藤沙莉(26)が選ばれた。

 ドキュメンタリー「反骨の考古学者 ROKUJI」(NHK)、ドラマ「これは経費で落ちません!」(同)、「ペンション・恋は桃色」(フジテレビ)、「全裸監督」(Netflix)などの熱演が評価されての初受賞。「大変うれしく光栄に思っております」と喜んだ。

 2003年4月にデビューし17年が経過。先輩の役者からの「頑張っていれば、いつか誰かが見つけてくれる」という言葉を胸に活動してきた。「その言葉を今、心からかみしめております」としみじみ。別の先輩からは「頑張らなくていい、そのままいけばいい」と言われたといい、伊藤は「これからもマイペースで頑張っていきたい」と意気込んだ。

 また、ラジオ部門のパーソナリティー賞にはTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜・深夜1時)、同「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜・後1時)でパーソナリティーを務める爆笑問題の2人が選ばれた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請