【西武】森友哉、今季1号含む3安打4打点「本来の調子を取り戻せるいい機会だったんじゃないかな」

3回1死、同点本塁打を放った森友哉
3回1死、同点本塁打を放った森友哉

◆西武9―5オリックス(2日・メットライフ)

 西武の森友哉捕手(24)が今季1号を含む3安打4打点と存在感を放った。

 まずは2点ビハインドの3回、先頭のスパンジェンバーグが2号ソロを放つと、1死から森も「見逃せばボール」という山崎福の高めの直球を振り抜き、右中間席まで打球を運んだ。開幕から11試合、46打席目で生まれた今季1号に「とりあえず前に飛ばそうと思ってました。最初センターフライかと思ったけど伸びてくれて良かったです。同点になったのもうれしいし、まず今季1本目でほっとしています。これから勢いづけるための大きな1本だった」と振り返った。

 さらに同点に追いつかれた直後の7回には1死一、三塁から左中間を破る決勝2点二塁打を放ち、8回2死満塁では遊撃への適時内野安打。復調を印象付ける活躍に「2本目のヒットは理想的で、あとの2つはたまたまかなという感じはするけど、結果ヒット3本打てたので、本来の調子を取り戻せるいい機会だったんじゃないかなと思います」と振り返った。

試合速報

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請