【広島】5回7安打4失点の九里「粘ることができなかった」

一挙3点で同点とされた4回、渋い表情の広島・九里(右、左はメヒア)
一挙3点で同点とされた4回、渋い表情の広島・九里(右、左はメヒア)

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト9×―5広島(2日・神宮)

 広島の九里亜蓮投手(28)が5回7安打4失点と苦しんだ。

 まずは4点リードの3回、1死から代打・西田に左越えソロを浴び、リズムを崩した。4回は先頭・青木の右翼フェンス直撃三塁打、続く村上の右翼線二塁打で1点を許し、さらに西浦に同点2ランを被弾。「粘ることが出来なかった。(本塁打は)初球の入りだったりボール先行からの一発だったので反省しないといけない」と嘆いた。

 前回登板の6月24日の巨人戦(東京D)では7回2安打1失点と好投しただけに、悔やまれる結果となり「腕が横振りになってしまったところもあるので、次回の登板までに修正したい」と課題を口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請