【Vリーグ】サフィルヴァ北海道、上杉徹新監督が就任…超攻撃的バレーでV1へ

上杉新監督(左から2人目)を中心に、V2での健闘を誓う左から油井GM、一人おいて辻井部長、青島主将
上杉新監督(左から2人目)を中心に、V2での健闘を誓う左から油井GM、一人おいて辻井部長、青島主将

 バレーボール男子でV2昇格が決まったサフィルヴァ北海道は2日、上杉徹新監督(39)の就任を発表した。大阪府出身で上宮高、佛教大を経て、リベロとしてVリーグ2部のトーヨータイヤ(休部)、デンマークのトップリーグチームなどでプレーし、2011年から佛教大監督、12年からノルウェーのユース、ジュニア代表コーチ、14年から今春までV1堺コーチを務めた。新指揮官は「オファーは光栄なこと。フィジカル強化を最重要視し、それを生かした超攻撃的バレーを完成させ、V1昇格を目標にしたい」と抱負を口にした。堺ではデータ分析のアナリストも務め、サフィルヴァにも最新のデータ分析システムを導入する。

 “恩師”は、堺で14~16年に監督を務め、現在女子V1トヨタ車体監督を務める道産子の印東玄弥(いんどう・はるや)氏(48)。ノルウェー渡航も、同国ジュニア男子監督などを務めた同氏が縁で実現。「バレーへの情熱と、フィジカル強化の重要性を学んだ」という。19~20年V2で2位だったヴォレアス北海道との“北海道ダービー”にも「今は目標だが、同じリーグで戦う以上、倒しに行く。リーグ戦を通し成長していきたい」と気合を入れた。(小林 聖孝)

 ◆上杉 徹(うえすぎ・とおる)1980年8月21日、大阪府生まれ。39歳。バレーは小学6年から。上宮高2年の全国私立高校選手権2位。家族は夫人と2男。家族や知り合いからは“錦織圭そっくりさん”と言われている。175センチ。血液型A。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請