【日本ハム】清宮幸太郎がお目覚めの1号2ラン 「なんとかしようという気持ちで」

7回1死一塁、右中間へ今季第1号となる2点本塁打を放つ清宮幸太郎
7回1死一塁、右中間へ今季第1号となる2点本塁打を放つ清宮幸太郎

◆日本ハム―ソフトバンク(2日・札幌ドーム)

 【日本ハム】清宮幸太郎がお目覚めの1号2ラン 「なんとかしようという気持ちで」

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(21)が右中間席最前列に飛び込む今季1号2ランを放った。「6番・一塁」で先発した7回の第4打席。1死一塁の場面でカウント3―1から津森の147キロをジャストミート。待望の一発は高々とした放物線を描いて、フェンスを越えていった。

 3点のビハインドを1点に縮める価値ある2ラン。「接戦の展開で、点数を取られて迎えた中、なべさん(渡邉)が塁に出てくれたので、なんとかしようという気持ちで打席に入りました。点差を詰めることができてよかったです」とコメントした。

試合速報

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請