やっぱり地元の味―。藤井聡太七段、2日目午前のおやつは「八丁みそまんじゅう」王位戦第1局

藤井聡太七段が注文した「八丁みそまんじゅう」など(提供・日本将棋連盟)
藤井聡太七段が注文した「八丁みそまんじゅう」など(提供・日本将棋連盟)

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負第1局は2日、愛知県豊橋市で再開した。

 2日目を迎えた開幕局も、局面はいよいよ終盤戦に突入する勝負どころ。藤井七段が注文した午前のおやつは「八丁みそまんじゅう」。前日オーダーした「三河鮮魚の海鮮丼」や「どうまい牛乳プリン」に続いて地元・愛知の名産品を選んだ。

 タイトル戦に臨む棋士は、対局地のPRも兼ねて地元のものをオーダーする傾向が緩やかにあり、早くも挑戦者らしい振る舞いを実践しているようにも映るセレクトになった。なお、飲み物はアイスコーヒーと冷たい緑茶をダブルオーダー。喉を潤すシーンも多い藤井七段だけに、来たる終盤戦に向けた準備という印象もある。

 一方の木村王位はジンジャーエールのみでスイーツを回避。通常の対局でも満腹感による眠気や集中力の低下を避けるために昼食をあまり取らないことで知られる。経験豊富な王位も、きっちりと自分のペースを保っている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請