Jリーグ、新たに9か国での放映が決定 ドイツ、セルビア、クロアチアなど

 Jリーグは1日、今季のJリーグの海外放映に関して、放送局・プラットフォームの追加合意・決定を発表した。

 タイにおいて、これまでデジタルプラットフォームでの放映をしていた「SIAMSPORT」に加え、無料地上波テレビ局「MCOT」での放映が決定。さらにドイツ・スイス・オーストリアにおいては「Sportdigital」と新たに合意に至り、セルビア、モンテネグロ、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北マケドニアにおいて「SportKlub」での放映が決定した。

 Jリーグは中国(K‐BALL)、香港(i‐Cable)、台湾(ELTA)、マカオ(TDM)、マレーシア・ブルネイ(Astro)、オーストラリア(OPTUS)、イギリス・アイルランド(Premier Sports)イスラエル(The Sports Channel)で放映されている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請