バレーボールVリーグ10月17日開幕 コロナ対策で観客収容は50%制限の方針

観客数を制限して試合を行うVリーグ
観客数を制限して試合を行うVリーグ

 バレーボールの日本リーグ機構は1日、2020―21年シーズンのVリーグ開催概要を発表。最高峰のV1リーグは男女ともに10月17日に開幕する予定だが、新型コロナウイルス感染防止対策として観客数を会場の収容人数の50%に抑えて行うこととした。今後の感染拡大の影響など、政府や自治体からの要請が出た場合は、リモートマッチ(無観客試合)として開催は進めて行く方針だ。会場に来られないファンのため、ダゾーンや公式配信チャンネルなど、試合配信の充実も図っていく。

 V1リーグは男子が10チーム、女子は12チームが参加。来年に延期となった東京五輪の日本代表の強化に協力するため、日程は一部短縮となり、男子は4回戦、女子は2回戦の総当たりのリーグ戦を実施。ファイナルステージは男子が4月3、4日、女子は2月20、21日に行われる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請