トーケルソンがドラフト史上最高額の9億円でタイガース入り

トーケルソン(AP)
トーケルソン(AP)

 6月のMLBドラフトでタイガースから“いの一番”で指名されたアリゾナ州立大のスペンサー・トーケルソン内野手(20)が6月30日(日本時間7月1日)、ドラフト指名選手史上最高額となる総額841万6300ドル(約9億円)の契約金で球団とマイナー契約を結んだ。

 アリゾナ州立大出身の米大リーガーではボブ・ホーナー、バリー・ボンズらに並ぶパワーヒッターと注目され、新型コロナウイルスで短縮された今春は17試合で6本塁打を含む通算54本塁打を記録していた。

 キャンプの60人枠には入ったが、この夏は球団が行うサマー・キャンプに参加し、鍛える模様だ。

 なお、これまでドラフトでの契約金最高額は昨年オリオールズに指名されたアドリー・ラッチマン捕手の810万ドル(約8億7000万円)。

 ドラフト以外での米新人選手には1997年ツインズの1巡目指名を拒否し、ダイヤモンドバックス入りしたトラビス・リー内野手の契約金1000万ドルという例がある。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請