【巨人】原辰徳監督「初戦は非常に重要、理想的だと思う」…一問一答

勝利しスタンドのジャビットに手を振る原辰徳監督
勝利しスタンドのジャビットに手を振る原辰徳監督

◆JERAセ・リ-グ 巨人5―2DeNA(30日・東京ドーム)

 ◆原監督に聞く

 ―2回に中島が反撃の一発。

 「一方的にならない、1点差に迫ったという意味では大きかったね」

 ―6回、相手が動いた中で、打線が見事な集中力を発揮して逆転。

 「そうだね。相手にとっては『あれ?』っていう感じで点を取られたのではないかな」

 ―そのダメージが8回のトドメの2発につながる。

 「1点差だから向こうも素晴らしいリリーフを送ってきたし、その勢いをはね返す丸の1本、そして結果的には和真がダメ押し。あれは大きかったね」

 ―岡本はこの日が24歳の誕生日。自ら祝った。

 「みんなの前でおめでとうと言われていたよ。ミーティングの中でね。私もその一員として(伝えた)ね」

 ―4カード連続で初戦を取れている。

 「やっぱりアドバンテージだね。(カード)初戦は非常に重要だし、スタートという点では理想的だと思う」

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請