元滋賀県知事、嘉田由紀子氏が「現職VS新人」都知事選の戦い方教えます

知事選で新人が現職に勝つ難しさを語った嘉田由紀子氏
知事選で新人が現職に勝つ難しさを語った嘉田由紀子氏
2001年以降の知事選で新人が現職に勝った例
2001年以降の知事選で新人が現職に勝った例
現職と新人が対決した過去の東京都知事選
現職と新人が対決した過去の東京都知事選

 今回の東京都知事選は、2011年以来、9年ぶりに現職が立候補する選挙となった。先月28日に発表された共同通信社の世論調査では、再選を目指す小池百合子氏(67)が優勢とされているように、「現職VS新人」の争いでは現職が圧倒的に有利とされている。その理由はなぜか。そして、新人候補が逆転するには何が必要なのか。06年の滋賀県知事選で、3選を目指した現職を破った元同県知事の嘉田由紀子参院議員(70)は「声なき声を聴き、政策を分かりやすく伝えること」と話した。(高柳 哲人)

 「8%の壁」―。小池氏を除く21人の新人候補が挑む壁は、とてつもなく高い。2001年以降、全国で行われた知事選は全部で228回(ほかに無投票での選出が7回)。うち、「現職VS新人」の戦いとなったのは163回あったが、その戦績は現職150勝、新人13勝で、新人の勝率は1割以下だ。さらに、東京都の過去を振り返ってみると、1951年の安井誠一郎氏から石原慎太郎氏が4選を果たした2011年まで、現職が11戦全勝している。

 現職が強い理由について、嘉田氏は「予算と人事の権限をつかんでいる“大統領制”だからです」と説明する。「住民からの陳情を受けて予算の配分を考え、自分が仕事をしやすいように職員を配置することができる」。各都道府県には住民代表の議会が存在し、知事に対して反対意見を出すこともあるが、知事は議決のやり直しを求めることもできる。

 「しかも、行政がうまくいけば、知事の成果ということになってしまいます」。職員が知恵を出し、汗を流して政治を良くしたとしても、知事が“いいとこ取り”をしてしまう。そのような状況を、嘉田氏は「任期4年間の毎日が、選挙運動のようなもの」と表現した。

 では、新人候補が現職を逆転するには、どうすればいいのか? 嘉田氏は、自身の経験をもとに「政策を分かりやすく、心に訴えるようにすること」と話した。

 06年の初出馬時、嘉田氏の政治経験はゼロ。さらに、現職には与野党が相乗りして支援する形となった。「いわゆる『三バン』(地盤=支援組織、看板=知名度、カバン=資金)がない中で、政策を訴える力でやろう、信頼を地道につかもうという気持ちでやりました」。当時、滋賀県は東海道新幹線の新駅建設問題で揺れていたが、反対する県民の声を丁寧に拾い上げた。

 また、街頭演説などで政策を話す時には「暮らし言葉」を使うことが重要という。「例えば、財政再建と言ってもピンと来ない人でも『税金の無駄遣いはもったいない』と言えば分かります。そうやって話しかけるのと同時に、声なき声を聴こうとした。そんな私の気持ちを、県民の方が受け取ってくれた。だから、私が現職を破って勝ったというよりも、住民の皆さんが先を見る目を持っていたということだと思います」

 今回の都知事選に出馬している新人候補については「ちょっと、政策が弱い感じがする」という。ただ、それ以上に東京五輪・パラリンピックについて言及する候補が多い点が気になっている。「私はあまり積極的に取り上げない方がいいと思っています。それよりも、自信を持って東京のコロナ対策など未来の方向を示すことの方が重要ではないでしょうか」

 ◆山梨・長崎知事「政策に理解を

 嘉田氏と同じく、昨年1月の山梨県知事選で現職を破った長崎幸太郎氏(51)も、勝因について「選挙中、政策をしっかりと伝えて、県民にご理解いただいたということだと考える」とコメントした。

 現職が有利とされていることについては「状況によるものであり、一概に現職が有利だとは考えていない」としたものの、新人が勝つためには「政策を一人でも多くの有権者に理解していただくこと」と、政策の重要性を繰り返してアピール。長崎氏は昨年の知事選では「停滞から前進へ」を旗印に、政府との連携を強調して選挙戦を戦い、立民、国民の推薦を受けた現職の後藤斎氏(62)の2選を阻んだ。

 ◆嘉田 由紀子(かだ・ゆきこ)1950年5月18日、埼玉県本庄市生まれ。70歳。73年、京大農学部卒業。87年、京大農学博士。研究テーマは「琵琶湖の水問題をめぐる生活環境史的研究」。97年、滋賀県立琵琶湖博物館総括学芸員。2000年、京都精華大人文学部教授。06年、滋賀県知事選に初当選し、知事を2期務める。17年の衆院選で落選も、19年の参院選で滋賀県選挙区から野党統一候補として無所属で出馬し当選。院内会派「碧水会」所属。趣味はアウトドア。

知事選で新人が現職に勝つ難しさを語った嘉田由紀子氏
2001年以降の知事選で新人が現職に勝った例
現職と新人が対決した過去の東京都知事選
すべての写真を見る 3枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請