【中日】6回に阿部寿樹の適時打でようやく1点を先制「何とか後ろにつなぐ気持ちだった」

6回2死一、二塁、阿部寿樹が先制の右前適時打を放つ
6回2死一、二塁、阿部寿樹が先制の右前適時打を放つ

◆「JERAセ・リーグ公式戦」中日―阪神(30日・ナゴヤドーム)

 中日・阿部寿樹内野手(30)が青柳の球をようやく捉えた。0―0の6回2死一、二塁。初回から、のらりくらりとかわされ続けてきた変則右腕の内角球を振り抜き、右前にしぶとく運んだ。4試合ぶりの打点となる先制適時打。阿部は「チャンスだったので何とか後ろにつなぐ気持ちでした。打ててよかった」と喜んだ。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請