【DeNA】首位攻防巨人戦 初回に4番・佐野の犠飛、5番・宮崎の中前タイムリーで2点を先取

1回2死二塁、宮崎敏郎が中前適時打を放つ
1回2死二塁、宮崎敏郎が中前適時打を放つ

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―DeNA(30日・東京D)

 DeNAが初回にいきなり2点を先取した。

 先頭の梶谷が戸郷から中前安打。2番のソトが左翼戦二塁打で無死二、三塁。オースティンがフォークに空振り三振も、4番・佐野の中犠飛で1点を先取した。続く宮崎の中前適時打で2点目を奪った。試合前までチーム打率3割を超える自慢の打線がいきなり機能した。

 0・5差で追う昨季の覇者との戦いにラミレス監督は試合前「いつも、巨人と対戦する時はエキサイティングな気持ち。3戦というよりまずは初戦を取ることが大事」と話していた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請