【ヤクルト】奥川がまた自己最速タイ154キロ計測! ロッテ・藤原は二ゴロ、平沢は見三振に

奥川恭伸
奥川恭伸

◆イースタン・リーグ ヤクルト―ロッテ(30日・戸田)

 ヤクルトのドラフト1位右腕・奥川恭伸投手(19)=星稜高=が30日、イースタンのロッテ戦(戸田)で先発し、自己最速タイの154キロをマークした。

 20日のイースタン開幕戦(戸田)で公式戦デビューし、1回無安打無失点で2三振を奪い、自己最速タイの154キロを計測。この日は中9日での、2度目の登板となった。先頭は、奥川が高校2年で選出された高校日本代表でチームメートだった藤原恭大外野手(20)と対戦。たった2球で追い込むと、5球目の145キロで二ゴロに打ち取った。

 続く2番は15年のドラフト1位・平沢大河内野手(22)。5球目には、自己最速タイの154キロを計測したが、雨脚が強くなったことで、試合は中断された。10分ほどで再開されると、平沢は低めの直球で見逃し三振に。3番・菅野は128キロの変化球で捕邪飛に打ち取った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請