【巨人】戸郷翔征、DeNA戦先陣 繊細かつ大胆に!

戸郷翔征
戸郷翔征

 30日のDeNA戦(東京D)に先発する巨人の戸郷翔征投手(20)が29日、ベイ斬りへ覚悟を示した。

 若武者が挑むのはチーム打率3割6厘とリーグトップのDeNA。宮崎、オースティンは打率4割超えでセ・リーグ2、3位に並び、昨年投手陣が13本塁打を浴びたソトも打率3割6分4厘と好調だ。だが、右腕は今年のベイ打線とは9日の練習試合(横浜)で対戦済みで、6回2失点と好投している。「切れ目のない打線なので、気を抜かないように繊細かつ大胆に攻める」と気合を入れた。

 開幕ローテを勝ち取り、23日の4戦目(東京D)で広島相手に7回途中2失点と快投。高卒2年目以内で開幕6戦目までに白星を挙げるのは87年の桑田真澄以来33年ぶりの快挙だった。戸郷はこの日、G球場で調整し「チームが流れに乗っているので、勢いづくような投球ができるように頑張ります!」。カード頭を勝ち取り、チームを連勝街道へ導くつもりだ。(玉寄 穂波)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請