加藤一二三・九段、AI過大評価する風潮疑問「きらめきやひらめきを軽視しすぎではないか」

加藤一二三九段
加藤一二三九段

 加藤一二三・九段(80)が29日、ツイッターを更新し、藤井聡太七段(17)が28日に白星を上げた将棋の棋聖戦第2局について言及した。

 「コンピュータソフトが6億手読み切った所で最善手として提示される異次元の一手を、藤井聡太七段は実戦譜に置いて僅か考慮時間23分にして指したこと」が話題に挙がっているとした上で「天才棋士の頭脳のきらめきやひらめきを、そもそも軽視しすぎの世の中ではないかと歯痒い想いがする」と語り、「AIを過大評価する」世の中の風潮に対して疑問を投げかけた。

 この投稿に対してフォロワーらから「人間のひらめきはAIにも計算できない部分があるってことですね」「人間には人間にしかできないことがあります」とのリプライが寄せられた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請