出稽古なしで7月場所突入も…芝田山広報部長「今の段階では難しい」

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が29日、電話での代表取材に応じ、出稽古なしで7月場所(同19日初日・両国国技館)を迎える可能性を示唆した。

 関取同士の実戦的な稽古が不足しかねないが、首都圏の新型コロナウイルス感染状況を憂慮。同部長は「今の段階では出稽古(解禁)は難しい。通常の形で、できないだろう」との厳しい見通しを示した。

 この日は協会の執行部会議も開かれ、支度部屋での力士のマスク着用など本場所中の感染予防策を協議した。

 未定だった新弟子検査は7月13日に実施する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請