伊藤英明「長編ということでどうなるのか楽しみ」…『世にも奇妙な物語』8年ぶり3度目出演

3つの願い(伊藤英明)(c)フジテレビ
3つの願い(伊藤英明)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、沢井美優、伊藤英明)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、沢井美優、伊藤英明)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、松角洋平)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、松角洋平)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、滝藤賢一)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、滝藤賢一)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、沢井美優)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、沢井美優)(c)フジテレビ

 俳優・伊藤英明がフジテレビ系「土曜プレミアム」で7月11日(土)21時から放送される『世にも奇妙な物語’20夏の特別編』に出演することが決まった。演じるのは4話のオムニバスのうちの1話『3つの願い』で、伊藤が『世にも奇妙な物語』に出演するのは今回が3度目、2012年に放送された『世にも奇妙な物語’12秋の特別編』以来8年ぶりとなる。

 伊藤は8年ぶり3度目の出演に対し「『世にも奇妙な物語』は僕ら世代の作品で、また出たいという気持ちがずっとあり、お話を頂いた時はすごくうれしかったです。また、今回は40分の長編ということでどうなるのか楽しみです。手応えはあります!」と意気込みを見せた。伊藤が演じるのは、絶世の美女だという妻と豪邸に住む謎の男、若林和也(38)。今回のストーリーについては、「信じます!今回のような話も、実はあるんじゃないかなと(笑)」と語った。ストーリーはいわばホラー版和製『アラジンと魔法のランプ』といったところで、最後に若林を待っている結末を目にした際は、背筋を冷や汗がすーっと落ちるような、そんな恐怖の感覚を味わえる。また、ランプから登場する魔人役には、どんな役もこなす名バイプレーヤー滝藤賢一が、そして若林を追い詰める刑事役には松角洋平ら実力派俳優が脇を固める。

 『世にも奇妙な物語』は短編ドラマのオムニバス形式。毎回斬新で多様なラインナップをとりそろえ、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。今回の放送で30周年という大きな節目を迎える。

3つの願い(伊藤英明)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、沢井美優、伊藤英明)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、松角洋平)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、滝藤賢一)(c)フジテレビ
3つの願い(左から、伊藤英明、沢井美優)(c)フジテレビ
すべての写真を見る 5枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請