【日本ハム】栗山監督が新球場建設予定地を訪問「フィールドがイメージできる。感動しました」

新球場建設予定地を訪問した日本ハム・栗山英樹監督(左から2人目)(球団提供)
新球場建設予定地を訪問した日本ハム・栗山英樹監督(左から2人目)(球団提供)
新球場建設予定地を訪問した日本ハム・栗山英樹監督(前列中央)(球団提供)
新球場建設予定地を訪問した日本ハム・栗山英樹監督(前列中央)(球団提供)

 日本ハムの栗山英樹監督(59)が29日、2023年に開業する北海道・北広島市内の新球場建設予定地を訪問した。新型コロナウイルス感染拡大の影響がある中、新球場建設に従事する作業者へのねぎらい、激励を目的に休日を利用して訪問。この日は、フィールド予定エリアで作業員ら約300人を激励。メッセージ入りのヘルメットを贈呈され、「大変な状況の中で、いつもありがとうございます。我々と一緒に是非、戦っていただきたいです。我々も新球場へ向けて戦っていきます。素晴らしい球場を作ってください。お願いします」とあいさつを行った。

 その後は、現場作業員から工事の進ちょく状況の説明を受けながら各所を視察。現場事務所内の壁面にも「一緒に世界一になりましょう!」などと熱い思いを込めたメッセージを書き込んだ。視察を終えた指揮官は、球団を通じて「このような状況の中で働いてくださっている方々がいなければ、球場はできない。『ありがとうございます』と一言でも伝えることができて、良かった。(視察して)もうフィールドがイメージできる。感動しました」とコメントした。

新球場建設予定地を訪問した日本ハム・栗山英樹監督(左から2人目)(球団提供)
新球場建設予定地を訪問した日本ハム・栗山英樹監督(前列中央)(球団提供)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請