【Vリーグ】北海道エド監督「今度こそリーグ1位、V1昇格を果たしたい」

V2残留決定も、新シーズンの奮闘を誓う古田主将(前列中央)らヴォレアス北海道の会見参加者
V2残留決定も、新シーズンの奮闘を誓う古田主将(前列中央)らヴォレアス北海道の会見参加者

 バレーボール男子V2(2部)ヴォレアス北海道は28日、24日のVリーグ機構理事会で20~21年のV2残留が決まったのを受け、鷹栖町で記者会見を行った。19~20年シーズンはリーグ2位でV1チームとの入れ替え戦進出が決まったが、新型コロナ禍でV機構は入れ替え戦中止を通告、チーム側は試合の延期開催、V1への特例的昇格を求める要望書を2度提出したが認められなかった。

 チームは、新たにV1参戦に必要なS1ライセンス取得の申請手続きに入り、10月に結果発表の見込み。エド・クライン監督(38)は「厳しい状況が長く続いたが、こういう時ほど強いチームは本気を出し戦い続ける。我々は伸びしろがある。今度こそリーグ1位、V1昇格を果たしたい」と決意表明。古田史郎主将(32)も「この4か月、トライ&エラーを繰り返し、V1昇格への思いがさらに強くなった。チーム一丸でパワーアップした姿を見せたい」と新シーズンの躍進を誓った。(小林 聖孝)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請