藤井聡太七段「次戦も何とか気負わずに臨みたい」2連勝で棋聖戦奪取に王手

和服姿で対局に臨む藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
和服姿で対局に臨む藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が28日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第91期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第2局で、先手の渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=を90手で破り、2連勝。初タイトル獲得に王手を掛けた。

 藤井七段は昼食休憩後に2手続けて50分台の長考で指すなど、じっくりと構想を練った。持ち時間には苦しんだものの、自玉は危なげなく、持ち前の終盤力で追い詰めた。「序盤はやってみたかった作戦で積極的に動けたが、途中から激しくなり、あまり自信のある手はなかった」と振り返った。王手については「次戦も何とか気負わずに臨みたい」と話した。

 師匠・杉本昌隆八段(51)に贈られた漆黒の羽織に灰色の袴の和服姿で対局に臨んだ。「長時間の対局では(着るのは)初めてで、どんな感覚か分からなかったが、思っていたよりも快適でした」と話した。

 一方、渡辺3冠のタイトル防衛戦の開幕2連敗は、2017年の第30期竜王戦で挑戦者の羽生善治九段(49)に喫して以来。この時は1勝4敗で失冠している。「普通にやっていたら、いきなりダメになった。もう少しいい将棋を指さないといけない」と反撃を誓った。

 第3局は来月9日、東京都千代田区の都市センターホテルで。藤井七段が3連勝すれば、1990年に同じ棋聖戦で初タイトルを獲得した屋敷伸之九段の最年少記録18歳6か月を約6か月上回る。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請