真矢ミキ、脳出血で降板の清原翔にメッセージを「成田さんへ渡したバトンを皆んなで大切に」

真矢ミキ
真矢ミキ

 女優の真矢ミキが28日、自身のブログを更新し、脳出血のため療養中の俳優・清原翔の病状回復を祈り、メッセージを送った。

 真矢は同日清原の降板が発表されたフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜・後10時)で共演していた。

 真矢は「小雨に思うこと」のタイトルでブログを更新。「六月の今日、ドラマ、アンサングシンデレラの出演者、先日、脳出血で入院となった清原翔さんの代役が成田凌さんになったと発表がありました(中略)お二人はお友達なのですね、成田さんのコメントが、短い中にも願うように清原さんへのあつい思いが封じ込められていて素敵に心に染み入りました」と記した。

 続けて「清原君は普段も穏やかで周りの人達に優しくて、そしてなんか隠せない知的さが出てしまっていて、心地よい余韻の残る青年ような姿が今も焼きついています(中略)」と清原の印象を語り、「清原君が成田さんへ渡したバトンを皆んなで大切に握って走っていきたいと思います。清原君がんばってください。よい方向に向かわれますように皆んなで願っています 見事に咲き誇る紫陽花が貴方のいる場所からも美しく見えていますように」と、アジサイの写真を添えてつづった。

 

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請