【ロッテ】山本由伸攻略で7年ぶり8連勝&6タテ! レアードが8回にV弾で6月首位も決定

8回無死、レアードは中越えに勝ち越しの本塁打を放つ
8回無死、レアードは中越えに勝ち越しの本塁打を放つ
2回1死満塁、田村は中前に2点適時打を放つ
2回1死満塁、田村は中前に2点適時打を放つ

◆パ・リーグ ロッテ6―5オリックス(28日・ZOZOマリン)

 パ・リーグ首位のロッテが、オリックスに逆転勝ち。2013年5月1~9日以来7年ぶりとなる8連勝を決め、オリックスにも6連戦6連勝とした。2位・楽天が敗れて2ゲーム差になったため、6月を首位で終えることも確定した。

 もはや代名詞ともなっている逆転劇で6タテを決めた。初回に先発・美馬が3失点。先頭の中川に左翼線への二塁打を許すと、1死三塁から吉田正の一ゴロで先取点を献上した。さらに、2死一塁からT―岡田に2ランを被弾。いきなり3点を追う展開になった。

 オリックスの先発は昨季の最優秀防御率に輝いた山本。侍ジャパンにも選出される成長著しい21歳の右腕にロッテ打線が襲いかかった。2回にレアードの左前安打と相手の失策なども絡み1死満塁のチャンスを作ると、田村が151キロをはじき返す中前2点適時打で、1点差に迫った。2試合ぶりの先発復帰で貴重な一打をたたき出し「打ったのはストレートかシュートです。何とかしたいと思っていたのでバットに当たってくれて良かったです」と納得だった。

 さらに3回には先頭の荻野が左翼線への二塁打で出塁。1死三塁から清田の遊ゴロの間に本塁に生還して追いついた。4回には2死走者なしから井上と田村が四球を選んで一、二塁のチャンスを作り、藤岡が右前適時打を放って勝ち越し。藤岡は「しっかり振り抜けたことが良かったかなと思います。(二塁走者の井上)晴哉さんでも帰って来れるところに落ちてくれて良かったです」と笑顔を見せた。

 6回にも田村が再び中前適時打を放ち「いいところに落ちてくれました。ラッキーです」。リードを2点に広げた。山本は6回途中6安打5失点で降板。ロッテ打線が攻略した。ロッテ先発の美馬は、立ち上がりに苦しんだが2回以降復調。2、3回は得点圏に走者を背負うも本塁を踏ませず、4~7回の4イニングは出した走者が1人だけという完璧に近い投球を見せた。7回で96球を投げ、7安打3失点と粘投。「田村が上手く切り替えてくれて何とか粘ることができたかなと思います」と充実の表情を見せ、8回からは継投策に入った。

 8連勝が見えてきた8回に落とし穴はあった。2番手・小野が1死一、二塁からT―岡田に左前適時打を浴びて1点差。3番手・東條にスイッチしたが、ロドリゲスにも左前適時打を浴びて追いつかれた。

 だが、それでも地力が残っていたのがロッテの強さ。8回に先頭のレアードが増井から5号ソロをバックスクリーン左に運んで、接戦にケリをつけた。

試合詳細
8回無死、レアードは中越えに勝ち越しの本塁打を放つ
2回1死満塁、田村は中前に2点適時打を放つ
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請