【ヤクルト】0―12で巨人に完封負け 高津監督「究極に悔しい。めちゃくちゃ悔しい」

2回途中で降板する山田大樹
2回途中で降板する山田大樹

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト0―12巨人(28日・神宮)

 ヤクルトは今季2度目の完封負け。12点差の大敗で、2カードぶりの負け越しが決まった。

 立ち上がりから先頭の山田大が制球に苦しみ、2回途中で5失点KO。救援陣も失点を重ねた。打線は相手先発のサンチェスを打ちあぐね、5安打止まりだった。

 6連戦を3勝3敗で終えたものの、高津監督は「強いか弱いか、勝ったか負けたかは抜きにして、そこでしっかり勝負しているかが問題ですね。結果を見れば12対0なので、何を言っても言い訳になるんですけど、もうちょっとグラウンド上でしっかりとした勝負をやってほしかったな。究極に悔しいですね。めちゃくちゃ悔しいですね。これを忘れちゃいかんと思います。この12対0というのを。しっかり心に刻んで、この悔しさを胸にまた来週戦いたい」と力を込めた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請