【巨人】ヤクルトに大勝で首位キープ 3カード連続負け越しなし

2回2死一、二塁、岡本が中前適時打を放つ(捕手・嶋)
2回2死一、二塁、岡本が中前適時打を放つ(捕手・嶋)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト0―12巨人(28日・神宮)

 巨人は、ヤクルトに大勝し、カード勝ち越しを決めた。

 2回に打線が爆発した。2死満塁の場面、今季初スタメンで1番に起用され、初回に今季初ヒットを放っている増田大の押し出しの四球で先制。続く丸がヤクルトの先発・山田大から右前適時打を放ち、2点を追加。さらに代わった左腕・寺島から坂本、岡本が連続適時打。この回一挙5点を挙げた。

 5点リードの4回、坂本と亀井の適時打で3点を追加。8―0とリードを大きく広げた。

 6回には4番・岡本の左中間ソロ、9回には代打・石川の特大3ランが飛び出し、12得点。大量得点で大勝した。

 先発のサンチェスは6回3安打無失点と好投。初白星を挙げた21日の阪神戦に続き、今季2勝目を挙げた。

 中継ぎ陣の沢村、藤岡、宮国も無失点でつなぐ完封リレー。チームの勝利に貢献した。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請