【ヤクルト】山田大樹が5失点で2回途中降板

2回途中で降板する山田大樹
2回途中で降板する山田大樹

◆JERAセ・リ-グ ヤクルト―巨人(28日・神宮)

 ヤクルト・山田大樹投手(31)は2回途中3失点で降板した。この日は中6日で今季2度目の先発。初回、得点圏にランナーを背負うも無失点でピンチを切り抜けた。

 しかし2回、2つの四球と8番・炭谷に安打を許し、2死満塁とされると、1番・増田大に押し出しの四球を与えて先制を許す。続く2番・丸に2点適時打を浴びると、49球で交代を告げられた。交代した寺島が坂本、岡本にタイムリーを浴び自責点は5となった。

 昨季、巨人戦では2勝0敗と相性の良かった山田大だが、今季初の巨人戦では、1回2/3、3安打4四球自責点5と、結果を残すことができなかった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請