秋山準が全日本からDDTへレンタル移籍「王道は馬場さんのもので、僕のものではない」

(左から)DDTプロレスリング・高木三四郎社長、秋山準、オールジャパン・プロレスリング・福田剛紀社長
(左から)DDTプロレスリング・高木三四郎社長、秋山準、オールジャパン・プロレスリング・福田剛紀社長

 DDTプロレスリングの高木三四郎(50)は27日の新宿FACE大会で公開記者会見を開き、7月1日付けでの全日本プロレス所属の秋山準(50)がDDTにレンタル移籍することを発表した。

 高木三四郎社長「秋山準選手は5月からDDTのゲストコーチに就任していただきまして、TV SHOWにもレギュラー参戦していただいております。その反響も大きく、選手にものすごく刺激になっています。リング上でも秋山軍(仮)が結成される動きがある中で、ゲストという括りからレンタル移籍という形で参戦していただくことはできないかと思いまして、秋山選手にお願いして全日本プロレスの福田社長の合意を得られましたので実現する運びとなりました。レンタル移籍の期間中はドラマティック・ドリーム・チームの一員として、秋山選手の歴史と伝統、そしてプロレスラーとしての『一から十』すべてを選手に叩き込んで、DDTのリング上、そしてプロレス界を大いに盛り上げていただきたいと思います」

 秋山準「去年、社長、取締役解任となり、唯一自分で若い子たちに教えることを続けていたんですけど、去年の年末に福田社長のほうからTAJIRI選手が今後は教えると言うことがあり、実際自分の中で全日本プロレスは、試合はありますけど、実質僕の役目は終わったのかなというところでタイミングよく高木社長からこういうお話をいただいた。僕はいつも言っているんですけど、王道というのは(ジャイアント)馬場さんのものであって、僕のものではないんですよ。それは今の全日本の選手たちも『俺たちが王道だ』って言える人は誰もいないと思うんですよ。俺がそうじゃないんだから。だから自分たちの道をしっかり作っていってもらいたいと思います」

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請