【ヤクルト】逆転で今季初のG倒 高津監督「次へ次へという意識がビッグイニングに」

勝利し喜ぶヤクルトナイン
勝利し喜ぶヤクルトナイン

◆JERAセ・リ-グ ヤクルト9―6巨人(27日・神宮)

 ヤクルトが今季最多の9得点を奪い、逆転勝ち。今季初めて巨人戦で白星を挙げた。

 初回に先頭打者から4者連続安打で2点を先制。先発の小川は5回まで粘りながら無失点に封じていたが、6回に2本塁打を浴びるなど4失点し、マウンドを降りた。しかし、打線は直後の6回に村上の2号、代打の青木の逆転2点二塁打、山田哲の満塁本塁打などで一挙7得点のビッグイニング。2番手の中沢は4年ぶりの白星を挙げた。

 前夜は4点リードから終盤に逆転負け。高津監督は「小川はもうひと粘りというところ。3回り目ぐらいはすごく難しくなるのは当然なんですけど、そこで踏ん張らないと。今日に関しては(采配面で)動いてくと言っていたし、選手が理解して次へ次へという意識がビッグイニングにつながった。青木はさすが。ひと振りでしっかりしたバッティングができるなと感心するばかりですね」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請