【ヤクルト】山田哲人が通算7本目のグランドスラム 一挙7得点のビッグイニング

1回無死二塁、山田哲人が左翼線へ適時二塁打を放つ(捕手・大城卓三)
1回無死二塁、山田哲人が左翼線へ適時二塁打を放つ(捕手・大城卓三)

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―巨人(27日・神宮)

 ヤクルト・山田哲人内野手(27)が2試合連発となる4号満塁本塁打を放った。

 2点を追う6回に逆転に成功し、なお1死満塁で左翼スタンドへ文句なしの一発。リードを5点に広げた。グランドスラムは昨年9月4日の広島戦(神宮)でサヨナラ弾を放って以来、4年連続通算7本目。チームでは池山隆寛の10本に次ぎ、ラミレス、畠山和洋に並んで2位タイだ。

 山田哲は、初回に左翼線へ適時二塁打、2回に左前安打を放ち、猛打賞。打撃好調だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請