【ヤクルト】小川泰弘が4失点降板 5回まで無失点投球も6回に2発許す

力投する先発の小川泰弘
力投する先発の小川泰弘

◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―巨人(27日・神宮)

 ヤクルト・小川泰弘投手(30)は6回途中4失点で降板した。

 この日は中6日で今季2度目の先発。初回に2死満塁のピンチをしのぐなど、粘りの投球で5回まで巨人打線を無失点に封じていたが、6回に先頭の岡本にソロを献上。さらに1死一塁とし、パーラに右翼へ逆転2ランを浴びた。続く大城、投手の田口に連続二塁打を許すと、101球で交代を告げられた。

試合速報

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請