小池百合子都知事「五輪・パラリンピックは世界中の希望です」…都知事選へ本紙インタビュー

都内の特別支援学級の子供たちが作ったマスクを着用して取材を受ける小池百合子都知事(カメラ・橘田 あかり)
都内の特別支援学級の子供たちが作ったマスクを着用して取材を受ける小池百合子都知事(カメラ・橘田 あかり)
東京都知事選候補者
東京都知事選候補者

 17日間にわたる東京都知事選(7月5日投開票)が折り返し地点を迎え、各候補が後半戦へ向けてしのぎを削る中、スポーツ報知では注目される候補のインタビューを掲載する。初回は、現職の小池百合子氏(67)。再選へ最大の課題となる新型コロナウイルスの第2波への対応や、来年に延期となった東京五輪・パラリンピック、柄の豊富さなどが話題を呼んだ「コイケノマスク」について聞いた。(奥津 友希乃)

 新型コロナ禍により逆風に見舞われる東京五輪。小池氏は改めて来夏の開催を強調した。関係者らと大会の簡素化を柱とする議論が進む一方で、感染対策の強化や数千億円とされる追加費用など課題は山積する。

 「今まさにサービスレベルの見直しなど、どこを簡素化できるのか、さまざまなバリエーションを話し合っています。いずれにしても重要なポイントは、最終決定をIOCが下すということです」

 都知事選では立候補者の多くが大会中止を訴え、他候補との態度の違いは鮮明だ。

 「1年延期されたとはいえ、子供たちや来夏に向けて練習に励むアスリートにとって五輪・パラリンピックは世界中の希望です。地元の方々もホストシティーとして準備を万端に整えておられる。そういった思いを考えますと、やはり安全安心を前提に、コスト縮減を図って国民の理解を得る形で進めていくことを、私は訴えたいと思っています」

 2016年に当選してからの4年間を「本当にあっという間でした」と振り返る。最も印象深いのは、都政史上初の“女性知事”として取り組んだ待機児童対策だという。

 「就任前までは、女性に関わる政策にほとんど手がつけられていなかったんです。そこで、後回しにされていた待機児童対策に、いの一番に取り組みました。約8600人いた待機児童が4年間で2300人程まで減り、女性が子育てをしながら仕事を続けられる環境を生み出すことができ、やりがいがあるテーマでした。引き続き取り組むべき課題と考えています」

 現在、喫緊の課題である新型コロナ対策では、来襲が懸念される感染の第2波への備えとして、感染症対策で「世界最強」の機関とされるCDC(米疾病対策センター)の東京版創設を構想する。

 「今後は自粛から『ウィズコロナ』をベースとした政策へ転換していく必要があります。とはいえウイルスは厄介なものです。第2波への備えとして一番肝となるのは、国や医療機関、保健所とスムーズに連携を取るための、『東京版CDC』を創設することです」

 新たに対策センターなどの建物や拠点を作るというイメージではない。

 「あくまで連携するネットワークという考え方です。平時にも有事にも機能するような体制をつくりたいと考えています」

 ◆ご当地から様々なマスクが届き感謝

 新型コロナ対応で存在感を高めた小池氏だが、柄や素材が日替わりのマスクにも大きな注目が集まった。

 「かつて環境大臣をしていた頃、風呂敷がエコバッグになるとお訴えをしたら、日本中から風呂敷が集まったことがありました。今回もマスクが全国から集まっていて、先日は何と、ホノルル市長からアロハ柄のマスクが届きました! 本当に津々浦々からご当地のマスクが送られてきて感謝ですね」

 街でもさまざまなマスク姿の人が見られるが、今年の夏は猛暑になると予想されている。

 「マスクってなかなか億劫(おっくう)な部分もありますけど、洋服とのカラーコーディネートを楽しんでいます。でも夏は熱中症の心配もありますから、飛沫(ひまつ)が拡散しない環境でしたら、どうぞ無理なさらずに、マスクをつける、つけないをご判断いただきたいと思います」

 ○…小池氏は、現職として新型コロナ感染防止対策のため、これまで一度も街頭には立たず、オンラインで選挙活動を行っている。自身のYouTubeチャンネルでは、告示日の18日から70本超の動画を公開。動画撮影時には、公式ホームページで募集した必勝祈願メッセージを勝負カラー“グリーン”の葉に印刷し、小池氏自身が壁に貼り付け、それらを背景に撮影に臨む。「全国から2700件を超えるメッセージが届いている。とても力になっています」。異例の選挙戦でも有権者の後押しがパワーの源だ。

都内の特別支援学級の子供たちが作ったマスクを着用して取材を受ける小池百合子都知事(カメラ・橘田 あかり)
東京都知事選候補者
すべての写真を見る 2枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請