なでしこジャパンを「全力サポート」…女子W杯豪NZ共催決定で田嶋会長がコメント

女子W杯招致決定を祝い、ライトアップされたシドニーの名所オペラハウス(ロイター)
女子W杯招致決定を祝い、ライトアップされたシドニーの名所オペラハウス(ロイター)

 2023年の女子W杯が、オーストラリアとニュージーランドで共催されることが決まり、日本サッカー協会の田嶋会長は26日、「(大会でなでしこジャパンが)勝ちにいくことを全力でサポートしていきたい」とコメントした。

 日本も開催地に立候補していたが、投票日(25日)の3日前に招致活動からの撤退を表明。共催とコロンビアの争いとなっていた。結果は有効投票35票で共催が22票、コロンビアが13票を集めた。田嶋会長は今後の招致について「女子委員会とも話しながら」と明言を避けたが、投票前に撤退を決めたことで、再立候補に痛手を負うことはなかったと強調した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請