マシソンから学んだ精神は“財産”…巨人から楽天にトレード池田駿のいい話

楽天への電撃トレードが決まった池田駿
楽天への電撃トレードが決まった池田駿

 巨人は25日、楽天のゼラス・ウィーラー内野手(33)を獲得し、代わりに池田駿投手(27)を送る交換トレードが合意に達したと発表した。ウィーラーの背番号は「48」に決定。30日に本拠・東京Dで入団会見が行われる予定だ。今季は来日6年目で初めて開幕2軍だったが、楽天は日本通算106発の“功労者”の出場機会を模索。右の大砲を探していた巨人と思惑が一致する形で、開幕直後の電撃トレードが成立した。

 池田はプロ1年目の17年から33試合に登板し、リリーフとしてチームを支えた。1軍で戦っていく姿勢を学んだのは、昨年限りで巨人を退団したマシソンの姿だった。打たれた時、負けた時も周囲へ怒った姿を見せなかった助っ人。池田が打たれた時もプロテインを作って「また明日切り替えて」とメッセージを書いてくれたという。新人時代に学んだメンタル面は大きな“財産”になった。

 ここ数年は1軍登板機会に恵まれず、昨年はわずか2試合。背番号は今年から「68」に変更となった。再び1軍を目指してフォーム改造に取り組み、課題だった球速もアップした。楽天の本拠地・楽天生命パークは、1年目にプロ初先発を飾った場所。心機一転、再び1軍で輝ける姿を楽しみにしている。(巨人投手担当・玉寄 穂波)

 池田「ジャイアンツ・ファンの方々のご声援は今でも頭に残っております。チャンスをいただいた東北楽天ゴールデンイーグルスの期待に応えられるよう全身全霊で頑張ります」

 ◆池田 駿(いけだ・しゅん)1992年11月29日、新潟県生まれ。27歳。新潟明訓高で3年夏の甲子園8強。専大を経て2015年にヤマハ入社。16年秋の日本選手権で優勝に導き、MVPを受賞。同年ドラフト4位で巨人に入団。通算62試合1勝3敗、防御率3・86。174センチ、78キロ。左投左打。年俸1450万円。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請