高3球児救済トライアウト 高野連とNPBが史上初の「合同練習会」開催決定

明石商・来田涼斗
明石商・来田涼斗
明石商の中森俊介
明石商の中森俊介
プロ注目の高校3年生
プロ注目の高校3年生

 日本高野連と日本野球機構(NPB)が、プロを志望する高校生のための「合同練習会」を実施することが決まった。日本学生野球協会が25日、理事会で承認した。新型コロナウイルスの影響で3~6月の公式戦のほとんどが中止となり、プロのスカウトの前で実力を示すことができなかった高校3年生への救済措置で、8~9月に開催する。

 プロ入りを目指す高校球児にとって、希望の光となる画期的なイベントだ。今年は春から大会が相次いで中止(一部除く)され、力を試すとともに、プロのスカウトにプレーを見てもらう場が失われてきた。進路決定に不安を抱く3年生に対し、日本高野連とNPBが一体となって手を差し伸べた。

 合同練習会は、プロ志望者が集結し、2日間にわたって試合形式の練習などで、10月26日のドラフト会議に向けて存在をアピールする。プロ野球を自由契約になった選手を対象にした「12球団合同トライアウト」に似た救済措置だ。8月29~30日、9月5~6日に東西で1度ずつ行う予定で、人数が多くなった場合は、9月12~13日にも実施する。

 「今年の3年生は、ほとんど公式試合がありませんでした。夏に全国で独自の(地方)大会を行いますが、無観客が原則で、スカウトが入場できるかどうか、各都道府県によって違う場合も考えられます。平等性を保ちたいという意味もありました」と日本学生野球協会の内藤雅之専務理事は会見で語った。

 夏の甲子園と地方大会の中止が5月20日に決定。日本高野連内では、中止が有力になった段階から水面下で3年生の進路の救済策が検討されていたという。日本高野連の小倉好正事務局長は「今年は大会の中止が相次ぎ、部員が技能を披露できる場が少なくなった。NPBなどと協議して、合同練習会の開催を決めた」と説明。日本高野連の提案をNPBが受け入れ、史上初の“ドラフト練習会”が実現した。

 プロ野球志望届を提出したうえで参加を希望する高校生が対象。これに伴い、夏の甲子園大会終了後に設定されているプロ志望届の受け付け開始の時期を、8月1日に繰り上げた。例年、志望届を出す3年生は120~130人。7月20日前後に募集要項を発表する予定で、社会人や大学の“スカウト”関係者の入場は、今後決める。

 センバツ出場校による甲子園での「交流試合」が8月10日から開催されるが、出場しない高校の選手にとっては、プロへの道を切り開く、またとないチャンスとなる。特別な年だからこそ生まれた試み。日本高野連とNPBの新たな関係という意味でも注目される。

 日本高野連・八田英二会長「独自大会では新型コロナウイルス感染防止の観点から、NPBスカウトなどの入場ができない都道府県が出てくる可能性があります。部員たちの間で平等性を保ち、3年生部員の進路保障に関する機会の場を確保できるよう合同練習会を計画しました。詳細については今後NPB事務局と相談していきます」

 ◆今年の高校野球を巡る出来事

 ▽3月4日 第92回センバツ高校野球大会の運営委員会と臨時理事会が行われ、春夏通じて史上初となる無観客で開催する方針を決定。

 ▽同11日 センバツ運営委員会が行われ、同4日の決定から一転して史上初の大会中止が決定。

 ▽5月20日 日本高野連が第102回全国高校野球選手権大会の中止を決定。夏の甲子園の中止は戦後初、春夏連続の中止は史上初めてとなった(戦争中を除く)。

 ▽6月10日 日本高野連が大阪市内で理事会を開き、史上初めて中止になった第92回センバツ高校野球大会の代替試合「2020年甲子園高校野球交流試合」を甲子園球場で開催すると発表。

明石商・来田涼斗
明石商の中森俊介
プロ注目の高校3年生
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請