サザンの無観客ライブ、推定50万人が視聴 桑田佳祐「みんなの魂が見える」と圧巻パフォーマンス

横浜アリーナで無観客有料配信ライブを行ったサザンオールスターズの桑田佳祐
横浜アリーナで無観客有料配信ライブを行ったサザンオールスターズの桑田佳祐
無観客有料配信ライブを行ったサザンオールスターズ(左から)関口和之、原由子、桑田佳祐、松田弘、野沢秀行
無観客有料配信ライブを行ったサザンオールスターズ(左から)関口和之、原由子、桑田佳祐、松田弘、野沢秀行

 国民的バンドのサザンオールスターズがデビュー42周年記念日の25日、横浜アリーナで無観客有料配信ライブ「Keep Smilin’~皆さん、ありがとうございます!~」を行った。「いつも心に音楽を」「音楽を通じて、笑顔を忘れず希望を持ち続けられるように」と企画され、2時間で22曲を熱唱。コロナ禍を乗り越えようと尽力する全ての人たちに“感謝”の歌声を届けた。チケット購入者数は約18万人、推定で約50万人が視聴した。

 歓声も合いの手もない。特別な空間の中でも、ボーカルの桑田佳祐(64)は圧巻のパフォーマンスを披露した。

 「姿は見えないけど、皆さんの魂がここにあります。見えるもんね、みんなの心が、気持ちが、魂が」

 画面越しから伝わる推定50万人の盛り上がりを力にした。「希望の轍」では「大変な毎日をご苦労様 今日は楽しくいきましょう!」と歌詞を変えて歌唱。「治療、感染拡大防止に向けて日々闘っていらっしゃる医療関係の方々、行政の方々に対してね、感謝と敬意を表してライブをやらせていただきます」と話した。

 「スタンド~!」「アリ~ナ~!」「センタ~!」「そして、画面越しの皆様。どうもいらっしゃいませ」と普段通りのあいさつ。「おかげさまで、サザンオールスターズ。長いことやっていまして、みんなのおかげ、スタッフのおかげで、デビュー42周年を迎えました」と感謝した。

 サザンとしては、昨年6月の東京ドーム公演以来1年ぶりのライブ。新型コロナ対策を意識した演出を随所に盛り込んだ。「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」ではソーシャルディスタンスを考慮し、美女ダンサーとの接触は“お預け”。「マンピーのG★スポット」では、桑田が「疫病退散!」と書かれたお決まりのハゲヅラをかぶり、「悪病出て行け。この世から出て行け」とコロナ終息を祈願。水着ダンサーも「G」のロゴ入りマスクを着用した。

 後半はヒット曲のオンパレードで全22曲。客席前方までダンサーがあふれ、お祭り状態の中、「勝手にシンドバッド」で本編フィナーレを迎えた。同曲中にも、桑田は「いつになれば、コロナが終息するのかな!?お互いに、それまではグッと我慢の暮らし続けましょう!」と呼びかけた。

 日常の閉塞感から解き放たれた、つかの間の2時間。「健康を大事に感染予防してください。手を洗うと、癒やし効果で気持ちがすごく楽になる。早くワクチン、治療薬が見つかるように、切に願っています。それまでは『Keep Smilin’』ということで」とメッセージ。「横浜アリーナ、ファンの皆さんがいなくて寂しいです。みんな待っているからね~」。1日も早い再会を願っていた。

【セットリスト】

 1 YOU

 2 ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND―NEW DAY)

 3 希望の轍

 4 Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)

 5 フリフリ ’65

 6 朝方ムーンライト

 7 タバコ・ロードにセクシーばあちゃん

 8 海

 9 夕陽に別れを告げて~メリーゴーランド

10 シャ・ラ・ラ

11 天井棧敷の怪人

12 愛と欲望の日々

13 Bye Bye My Love(U are the one)

14 真夏の果実

15 東京VICTORY

16 匂艶 THE NIGHT CLUB

17 エロティカ・セブン EROTICA SEVEN

18 マンピーのG★SPOT

19 勝手にシンドバッド

アンコール

20 太陽は罪な奴

21 ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~

22 みんなのうた

横浜アリーナで無観客有料配信ライブを行ったサザンオールスターズの桑田佳祐
無観客有料配信ライブを行ったサザンオールスターズ(左から)関口和之、原由子、桑田佳祐、松田弘、野沢秀行
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請