ウィーラーという男…ムードメーカーで熱血漢 恥ずかしがり屋の一面も

巨人への移籍が決まったウィーラー
巨人への移籍が決まったウィーラー

 巨人は25日、池田駿投手(27)と、楽天のZ・ウィーラー内野手(33)のトレードが合意したと発表した。ウィーラーの背番号は「48」に決定した。入団会見は6月30日に東京ドームで行う予定。

 ウィーラーは見ているだけで周りを明るくさせてくれる男だ。人気映画「トイ・ストーリー」のキャラクター「Mr.ポテトヘッド」や、テレビアニメ「ハクション大魔王」の主人公にそっくりで、愛くるしい顔はファンからの人気も絶大。コラボグッズもたびたび販売された。

 首脳陣やナインからだけではなく、通訳やトレーナーら裏方からも愛された。いつもナインの中心にいて周囲を笑顔にさせる姿は、まさにムードメーカーそのもの。18年のシーズン前に梨田監督が、外国人選手としては異例の主将に抜てきする構想(実際には外国人主将)を掲げたほど信頼は厚かった。

 チーム思いで野球にはとにかく熱い。味方がきわどいタイミングで本塁へ走っていけば、ベンチを飛び出して、三塁コーチャーばりに手をグルグルと回してエールを送る。同僚が本塁打を放ったら、誰より先に飛び上がって、打った本人以上によろこびを爆発させる。

 守備ではダイビングキャッチやカメラマン席へつっこむこともしばしば。全力プレーは走塁でも例外はなく、17年には178センチ、100キロの巨体を揺らしながらチームトップタイの7盗塁も記録した。だが、自身がチャンスで凡退すれば、見ているこちらが心配するほど悔しがり、悲しそうな顔をする。

 17年9月1日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で、同僚のアマダーが内角球に腹を立てて東浜に襲いかかって乱闘騒ぎになった際には、いち早くアマダーの元へ走って行った。すると自分より15センチ大きい193センチ、135キロのアマダーに飛びついて、暴れ回る巨漢を押さえつけた。「なにやってるんだ」といわんばかりの鬼の形相で胸ぐらをつかみ、乱闘を沈めた。たとえ普段は仲のいい仲間であっても、ダメなことはダメとハッキリ言える、人格の持ち主でもある。

 そんなウィーラーだが、実はかなりの恥ずかしがり屋さん。人前でしゃべることは苦手なようで、お立ち台に立つことを拒否することも多かった。楽天の本拠地ではお立ち台でヒーローインタビューを受けた選手は楽天ポイント10万ポイントをもらえる特権もあったが、チームメートに譲っていた。

 17年10月19日に楽天は、前日のCS最終S初戦でソフトバンクを破り、スポーツ報知では珍しく(?)一面を飾った。茂木、ウィーラー、アマダーが本塁打を放ち、リーグ王者を撃破。メイン写真は茂木だったが、ウィーラーもしっかり本塁打を放った際の写真が一面にカラーで掲載された。2戦目の試合前に敵地の球場入りした際に、自身の写真が写ったスポーツ報知を見つけると、わざわざ足を止めてうれしそうに手にとって喜んでいた。

 験担ぎも大好き。わざとヘルメットを汚す、ズボンのポケットを出したままプレーする、本塁打を打った際にスタンドに投げ入れるはずの人形を投げずにベンチに並べる、ベンチにハクション大魔王の写真を貼る…など、本当に色々あった。新天地では大活躍して、連日スポーツ報知の一面を飾ってほしい。(17、18年楽天担当・安藤 宏太)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請