【巨人】今季初黒星…メルセデス広島戦5連敗、原監督きょうの丸佳浩に期待「本来の姿に戻るでしょう」

6回2死、空振り三振に倒れる丸(投手・九里=カメラ・宮崎 亮太)
6回2死、空振り三振に倒れる丸(投手・九里=カメラ・宮崎 亮太)

 巨人の開幕からの連勝が4でストップした。先発のメルセデスが広島・鈴木誠、田中広に2ランを浴びて3回4失点で降板。メルセデスは対広島戦3年越しの5連敗となった。打線も九里らカープ投手陣に3安打1点に抑えられた。広島には5年連続で負け越している。負の流れを今シーズンで断ち切るためにも、25日の今カード第3戦はしっかりものにしたい。

 希望を乗せた打球は、フェンス手前で失速した。石川は悔しさに満ちた苦笑いを浮かべる。4点を追う7回2死満塁、右中間への大飛球。グランドスラム、入れば同点―。テレビの前のG党の願いも届かず、フェンスに背を預ける中堅・西川のグラブに収まった。最大の好機をものにできず、開幕からの連勝は4で止まった。原監督も「相手投手に丁寧ないい投球をされた」と完敗を認めた。

 今季初先発のメルセデスが立ち上がりから不用意な形で主導権を手放した。初回2死一塁、侍の主砲でもある鈴木誠に対し、直球系を投げ続け、ど真ん中に入った4球目を左翼席上段に運ばれた。「もうちょっと用心深くというところは必要。球は走っていたように見えたけど、一本調子になったきらいがあった」と指揮官は指摘。2回には田中広に右中間へ2ランを運ばれ、計4失点。3回の打席で代打を送られ、不完全燃焼のまま試合を退いた。

 メルセデスに越えてほしい“鯉の壁”だ。助っ人左腕は昨年、対広島戦は5試合で0勝3敗、通算でも7試合で0勝4敗と決して相性はよくなかった。「去年を引きずってるかねえ。真面目なんだよね。もう少し楽観的にいってもらいたい」と宮本投手チーフコーチ。先発ローテで回る以上、苦手な相手をつくってはいけない。

 今季初めて喫した黒星だ。この1敗で何かが大きく決まるというものではない。ただリーグ戦では次の試合や、年間を通じた争いを意識することも必要な要素。7回2安打1失点の九里は、巨人相手にいい印象を持つだろう。打線でもやっかいな人物の目を覚ました。広島・菊池涼はこの試合前まで4試合18打席連続無安打。初回も送りバントを失敗するなど、波に乗れていなかったが、3回にメルセデスが中前安打を許すと一変。5回にはソロ弾、7回には左前安打と猛打賞。守備でも5回に大城の鋭いライナーを美技で阻むなど“きっかけ”を与えた。眠った獅子を起こした代償は、25日に用心して対応することで相殺したい。

 同じく“きっかけ”をつかみたい打者は巨人にもいる。丸だ。この日も4打数無安打3三振。5試合で19打数1安打、打率0割5分3厘と低空飛行が続く。原監督も「なかなか丸もちょっとね。明日から本来の姿という形になるでしょう」と変わり身に期待した。開幕連勝は止まっても、5戦4勝1敗はいい流れ。その間に背番号8が本領を取り戻す。(西村 茂展)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請