【西武】山川穂高が待望の今季1号…「どすこい」ファンへ届けた

1回1死一、二塁、山川が1号3ランを放ち、ナインに迎えられ笑顔を見せる
1回1死一、二塁、山川が1号3ランを放ち、ナインに迎えられ笑顔を見せる

◆パ・リ-グ 西武6―9ソフトバンク(24日・メットライフドーム)

 山川が、開幕5戦目で待望の今季1号を放った。

 4点を追う初回1死一、二塁、石川の147キロ直球をバックスクリーン右へ運ぶ3ラン。「あの場面で打ててよかった」と、満面の笑みで、画面の向こうのファンへ「どすこい」を届けた。1点差の3回には、試合を振り出しに戻す中犠飛を放つなど、主砲のバットにようやくエンジンがかかってきた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請